わきが用塗り薬ランキング

 

わきがはうつったりするもの?

 

わきがが移るなどと思っている人が、いるようです。わきがは体質であって、病気ではありません。そのため、感染など全くしませんし、側にいるだけで臭いが移るようなことはありません。わきがの臭いの原因とされるアポクリン腺は、生まれたときから誰でもが持っています。

 

中には持たない人もいますが、ごく少数でしょう。アポクリン腺が大きいとか数が多いという体質によって、わきがの強弱が分かれます。つまり、誰でもわきがを発生させているのに、その強弱だけでわきがのありなしを判断されてしまうのです。

 

子供の頃にはわきがなどなかったのに、思春期以降にわきがが強くなってきたという人もいます。これは、アポクリン腺の活動が思春期になると活発になるためです。突然わきがが発生したわけではなく、思春期特有の症状からわきがが強くなってしまったということなのです。

 

友達でわきがが強い人がいたら、脇の下を清潔に保つようにアドバイスしてあげるとよいかもしれませんね。一緒にいることで移るわけではないわきがですが、遺伝的な要素で親から子へと受け継がれることはあるようです。

 

わきがが遺伝するというよりは、アポクリン腺の性質が遺伝するという考え方が正しいでしょう。アポクリン腺から出た汗が、脇の下にある細菌などと混じり合って複雑な臭いを発生するわきがですから、脇の下は常に清潔にしておくように心がけましょう。

 

わきがに効くラポマインの凄さ

 

ラポマインは、女性のための「わきが専用デオドラントジェルクリーム」です。ニオイがなんと97%もカットできちゃいます。その他にも「黒ずみを抑える」「抑毛効果」「保湿効果」があります。

 

もし気に入らなくても、たとえ使った後でも90日間全額返金保証がついているので、安心して試すことができます。朝晩たった2回のケアで、効果が実感できます。

 

「敏感な女性の肌のことを考えて作られたデオドラントジェルクリームです。」

 

ラポマインは、ニオイをカットするだけではありません。わきの下というデリケートゾーンに塗っても大丈夫なように無添加で安全です。ワキの下の黒ずみを抑えるビタミンCが配合せれていて、脱毛処理後も気になりません。

 

またイソフラボンという成分が配合されているので、わきの毛が伸びるスピートを抑えます。コンパクトだから持ち運びも簡単で、外出先で気になった時もすぐに使うことができます。通常価格8980円が定期コースで2回目以降も5980円で安く購入できます。

 

ラポマインの口コミ

 

わきがにはずっと悩まされてきました。わきがの手術も本気で考えました。でも、やっぱり怖くて踏み切れず…そんな時にネットで見たのがラポマインです。

 

値段がけっこう高かったので、どうしようかと迷いましたが、「手術する」ことを考えれば、安いものだと思い直して購入しました。それに90日間全額返金保証が付いていたので、試してみる価値があると思いました。

 

使ってみて、本当にびっくりです。あんなに気なっていたわきがのニオイがほとんどしなくなりました。念のため妹にも嗅いでもらったんですが、臭くないよと言ってもらえました。これで自信を持って混んでいる電車にも乗れます。

黒酢を飲み動脈硬化の改善を図ろう!

 

中性脂肪やコレステロールが血管の内側の壁にこびりついてしまうことによって発症してしまうのが、動脈硬化という生活習慣病です。

 

動脈というのは、全身に栄養素や酸素を送るために必要不可欠な血管になっています。ですから、動脈は少しでも健康な状態に保つようにしておかなくてはなりません。

 

本来、動脈というのは、円滑に血液をくれるように伸縮性のある血管となっています。ですが、脂肪が多いものなどを普段から食べてしまっていると、コレステロールや中性脂肪が血液中に増えすぎてしまいます。そして、だんだん動脈などの内壁に付着していき、血管が詰まったり、血管が硬くなってしまうのです。これによって、動脈硬化を引き起こしてしまうことになるのです。

 

動脈硬化を放置してしまっていると、血管内が細くなってしまい血行不良になってしまうだけではなく、脳卒中や心筋梗塞、脳梗塞などのような志望する確率が高い疾病を引き起こしやすくなります。

 

参考:高血圧予防サプリランキング@おすすめ徹底比較

 

動脈硬化でも、中膜硬化や細動脈硬化、粥状硬化といわれるおのがあるのですが、コレステロールが多すぎることによって発症しやすいのが、粥状硬化といわれるものです。動脈硬化になってしまっている人の中で、特に粥状硬化を発症している人が多いです。

 

この動脈硬化対策として、黒酢は適しているといわれているのですが、これは黒酢には、色々な種類のアミノ酸が存在しているからです。特に、アラニンといわれる必須アミノ酸というのは、中性脂肪やコレステロールを減らす作用が期待できます。この他にも、ニンニクも、コレステロールを抑える働きを持っている食材として知られているのですが、これはアホエンといわれる成分が豊富に含まれているからです。

 

動脈硬化を予防したり改善していきたいのであれば、この黒酢とニンニクが組み合わさっている黒酢にんにくを普段から口にするといいでしょう。

尿酸値低下にサポニンがおすすめ!

大豆はサポニンを多く含む食品で、大豆サポニンと呼ばれています。これは大豆の苦味やえぐみの元で、大豆特有の風味を作り出しています。

 

そのままの大豆はもちろん、おからや納豆、味噌、豆乳、豆腐、きな粉などからも摂取可能です。日本人の食卓に馴染み深く、比較的毎日手軽に摂取できるでしょう。

 

抗酸化作用が強く、体内の脂質やコレステロールの酸化防止になります。脂質やコレステロールが酸化し、過酸化脂質が増加してしまうと、動脈硬化や高脂血症になってしまい、心筋梗塞や脳血栓など深刻な病気の引き金となってしまいます。

 

そこで大豆サポニンが過酸化脂質の増加を防ぐことによって、血液を綺麗にし、血圧を安定させることで生活習慣病の予防に繋がります。また、コレステロールの吸収を抑える効果は、血中のコレステロール濃度を下げたり、中性脂肪を減らす効果に繋がります。そのほか尿酸値を下げる作用もあります。

 

尿酸値対策にこちら⇒尿酸値を下げる痛風のサプリメントランキング決定版

 

美容面でも大豆サポニンは注目されています。高い抗酸化作用によって体全体の老化を防ぎ(アンチエイジング)、シミやシワを食い止めて若々しい肌の維持に一役買ってくれます。

 

さらに大豆サポニンは、細胞の働きを安定させる働きがあるため、細胞の突然変異が原因であるガンやエイズの予防にも期待が寄せられています。

 

油ものの多い食事やお酒好きな方は特に、生活習慣病や肥満防止のために大豆サポニンを摂取することをおすすめします。毎日の食事に取り入れやすく摂取しやすい成分ですので、できるだけ意識して食卓に大豆製品を組み込みましょう。

更新履歴